1. TOP
  2. 【髪を洗う】ヘアケアの基本! このヘアケアなら全てうまくいく

【髪を洗う】ヘアケアの基本! このヘアケアなら全てうまくいく

6c0bf037a38f3e79986c69908bbbd5b2_s

今回はヘアケアについてお話します。
ヘアケアと一言で言っても、カラーリングや白髪染め、
ストレートヘアやパーマなど、実に様々なものがあります。

まず、基本的なことから始めましょう。
 
私たちが日々することの一つに、髪を洗うということがあります。
ではそのアイテムには何があるのでしょうか。
・シャンプー
・リンス
・コンディショナー
・トリートメント
・マスク
・パック

《ヘアケア》シャンプーの基本的な考え方

d4aaa7e899d70274349d008c36ed7cba_s
シャンプーはもうみなさんご存じだとは思いますが、
頭髪や頭皮やスタイリング剤(頭髪についたワックスや
ムースなどの整髪料)を洗い流すものです。

シャンプーには、毎日の洗髪の際に使うもののほかに、
ディープクレンジングと言って頭皮の汚れ、
特に毛髪の根元の部分である毛根の汚れを落とすものがあります。

これは通常のシャンプーのかわりに、週に1~2回使います。
頭皮の匂いが気になる人や、健康な髪を維持したい人、
夏場汗をかきやすい時期におすすめです。

《ヘアケア》シャンプー後の髪の状態を適正に保つ製品

7b70fb569920bf85f9273de43df3c1de_s
シャンプー以外のものは、シャンプー後の髪の状態を適正なものにするためにあります。

・リンス→『すすぐ』
・コンディショナー→『調節する』
・トリートメント→『処置する』
という意味があります

(1)リンス
静電気を防止したり、髪の表面を保護するもの。

(2)コンディショナー
その名のとおり髪のコンディションを整えるもので
どちらかというと中間的な存在でリンスよりのものとトリートメントよりのものがあります。

※かつてはシャンプーそのものが今より質が悪くて、
髪がきしむということが多かったようでリンスもお湯で
溶いて使用していた部分があるのですが(今は薄める必要がないそうです)
現在はシャンプーの質もかなりよくなりそれに伴いリンスに代り
ヘアコンディショナーというものが出てくるようになったのです。

しかし、リンスとコンディショナーはメーカーによって定義が曖昧な部分もあり、
「リンス」「コンディショナー」と両方発売してるところもありました。

最近は製品もよくなってきていますのでリンスとコンディショナーを
同じものとして区別していない商品も増えてきています。

《ヘアケア》リンスやコンディショナーの違いや使用順序

85d281a560e2fec1e9522e34f1c75325_s
(3)トリートメント
髪の表面に油分を補ったり、静電気を防止するもの。
様々なタンパク質を配合し髪の内部に栄養分を補うものなので、
ダメージヘアに悩む人には必需品ですね。

こちらは浸透させるために放置時間をとったり、ものによっては加温したり、
使用方法もリンスとは異なってきます。

トリートメントには、浴室で洗い流して使うもののほかに、
洗髪後に使う洗い流さないタイプのものがあります。

全部がそうとは限りませんが、アウトバストリートメントと
記されているものにこのような効果があります。

洗い流さないトリートメントは起きているときなどに効果を発揮するものがおもで、
紫外線から守ったり、そこなわれてしまった栄養などを補修する働きがあります。

通常は製品コンセプトやシリーズによってシャンプー&コンディショナー、
またはシャンプー&トリートメントと分けられており一緒に使うことで髪のPHが整ったり、
製品の特徴を最大限に生かすことが出来るようになっています。

★リンス、コンディショナーは髪を保護するもので、トリートメントは髪の内部に栄養分を浸透させて傷んだ髪を補修するものです。
傷んでる髪→トリートメント
傷んでない髪→リンスまたはコンディショナー
と認識しておくといいと思います。

★「トリートメント」する場合、基本はリンスは必要ないですが、あえて使うなら
シャンプー→トリートメント→リンスまたはコンディショナーという順番になります。

《ヘアケア》にとって大切なこととは!

kotuban0
(4)マスク
トリートメント同様、髪の内部に栄養分を補うものですが、
トリートメントよりも濃厚です。

もちろん誰でも使えるものではありますが、髪の傷みが気にならないなら
10日に一回、髪の傷みが気になる人は週に2~3回というように使用頻度をかえる必要があります。

(5)パック
ヘアパックは、リンスやコンディショナーよりも強力に髪の内部に有効成分を
浸透させるようにつくられています。

マスクと同様の効果なので、髪の傷みに合わせて使用頻度を決めて使います。

シャンプー以外のリンスやコンディショナー、トリートメント、マスク、
パックは効果の違いはもちろんありますが、ざっくばらんに言ってしまうと皆同じです。

コンディショナーとトリートメントを同じものと捉えるメーカーもあれば、
コンディショナーとトリートメント両方のラインナップがあるメーカーもあります。

メーカーによってその捉え方は実にさまざまだということです。
髪の表面を保護するものもあれば、髪の内部深くにまで浸透していくものがあるという認識は持っていてください。

リンスやコンディショナーの違いや使用順序など、意外と知らない人は多いものです。

\ SNSでシェアしよう! /

大人の女性の注目記事を受け取ろう

6c0bf037a38f3e79986c69908bbbd5b2_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人の女性の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

「大人の女性」編集部

「大人の女性」編集部

環境コンサルタント/医薬品マーケティングアナリスト
大学卒業後、環境分析の仕事に10年、その後製薬会社を対象に、医薬品のマーケティングに20年以上携わる。その経験から美容・健康にも取り組み、Webパルプマガジン「大人の女性」誌上で最新のアドバイスを提供。医薬品のマーケティングの専門家として幅広い知識を活かし独立し、女性が自分らしく心地良く輝くための最先端のエイジングケアである、遺伝子レベルで老化の仕組みをオフにする「遺伝子発現サイエンス」ケアを提案。2001年推理小説「死者は眠らない」(彩図社刊)、「死者の結婚式」(近刊)、「敏感肌改善、いつまでも【老けない肌】の7つの秘訣!」(近刊)を予定。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この人が書いた記事

  • 31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

    花粉症対策の教科書-最新飛散予測と予防-

  • 5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

    あなたの脳のクセは何タイプ? タイプごとに違う失敗しないダイエット攻略法4選

  • kotuban0

    保湿力UPがカギ! 絶対失敗しない美顔器の選び方

  • f0505b1fd6df0df9001783de7ebd6687_s

    耳鳴り、めまい、難聴に悩む人の教科書(予防・治療実践編)

関連記事

  • 85d281a560e2fec1e9522e34f1c75325_s

    地肌にいいシャンプー 成分で選ぶならコレ!

  • 7b70fb569920bf85f9273de43df3c1de_s

    【ヘアケア】あなたの髪を守るスタイリング剤は、これ!

  • e0aa7961d81e0fb740868d7341f776e3_s

    【ヘアケア】美人への扉は抜けを生むベース巻き!

  • 3d552579348f61eb35f1817c97f5a32b_s

    【ヘアケア】服を盛るなら髪は盛るな!

  • E1407310781106_1

    美人は「なりたい髪型」ではなく、「似合う髪」を優先している

  • 6ab6dbc7556d663956fd651ac44e6ef1_s

    【ヘアケア】髪を制するものは、おしゃれを制す!