1. TOP
  2. 1日10分、足のむくみ、太ももがだるい、重いは自分で治せる!

1日10分、足のむくみ、太ももがだるい、重いは自分で治せる!

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

足や太ももの疲れやだるさ、むくみ、重い、冷え、痛みなどがあっても、つい見過ごしがちではありませんか?

ある女性向け健康情報誌の調査によれば、
「足や足裏にトラブルがある」というアンケートに、
1300人のうち、約97%の人が「ある」と答えています。

1日10分で足のむくみや足がだるい、足が重いを解消する足のケアのお話をしますが、
その前に、足の基本的なことについてお話します。

「足が大切」と言われる4つの理由とは!

75efc169f7d1cbe323325e513285ae0b_s
「足が大切」と言われるには、4つの理由があります。
・身体を支える精密な作りをしています
太ももから足のつま先までの骨の数は、身体のパーツの中で、
一番多いです。

重い身体を支えながら、様々な複雑な動作をし、さらに
地面からの衝撃にも耐えなければなりませんので、
精密な作りが必要となります。

・全身の循環を助けるポンプの役目があること
足は「第二の心臓」と呼ばれるように、足の太ももや
ふくらはぎには大きな筋肉が存在し、これが運動によって
ポンプのように血液を押し上げてくれます。

足には重力の関係もあって、血液や水分が溜りやすい
のですが、筋肉によって、血液を押し上げ、
全身の循環を助けているのです。

足を使うと脳が若返る!

ashifutomomo
・足の健康が生活の質に直結すること

日常の生活動作のほとんどが、足に関わってきます。

足が弱ると生活に不便が生じ、生活の質が落ちます。
さらに足腰が弱ると、寝たきりの生活にもなりかねません。

寝たきりの原因の2割近くが、骨折や転倒、関節炎やリウマチ
などの足の病気や怪我に関わります。

・足を使うと脳が若返ること
足をよく動かすと脳の血流がよくなります。

また足裏の感覚が脳を刺激します。
そうすると脳内物質の分泌が盛んになり、脳が活性化します。

メンタルが安定し、認知症などの脳の病気も予防できます。

よくある足の悩み、トップ5

ashiura
よくある足の悩み、トップ5
・だる足
・むくみ足
・冷え足
・膝の痛み
・変形足

です。
では、まず足の悩みの症状からみていきましょう。

・だる足とは、こんな人?
足がだるくて重い
階段や坂道は、足が疲れて辛い
足裏がほてる
足を高く上げないと眠れない

・むくみ足とは、こんな人?
夕方になると靴がきつくなる
靴下のゴム跡がくっきりつく
こむら返りや足がつりやすい

・冷え足とは、こんな人?
冬は靴下を何足も重ねて履く
足が冷えて眠れない
足首を触ると手の温かさが足に伝わる

・膝の痛みとは、こんな人?
立ったり座ったりしたときに、膝が軋む
O脚もしくはX脚
膝が長距離の歩行に耐えられない
膝をかばって手すりにつかまることが多い

・変形足とは、こんな人?
ハイヒールが辛い
立ったり歩いたりすると、足の指が痛い
足の一部がタコになりやすい
爪が変形していたり、巻き爪になりやすい

だる足、むくみ足、冷え足、足の指が曲がるに興味ある方は、こちらの記事もおすすめです。
>>1日10分で、【だる足】を解消する6つの方法
>>1日10分で、【むくみ足】を解消し「ブス足」にならない6つの方法
>>むくみ脚やO脚を30日で美スタイルにする6つの方法!
>>1日10分で、【冷え足】を解消し、ポカポカになる6つの方法
>>足指曲がる(変形足)を1日10分で解消する9つの方法

足のトラブルで起るいろいろな全身の不調

furo
足の不調が病気につながる可能性もあります。
【足の骨のゆがみ】
足の骨に歪みがあると、バランスを取ろうとして骨格全体が
歪みます。すると筋肉のバランスも悪くなり、
姿勢の悪さや猫背の原因にもなります。

首や肩こり、腰痛、頭痛の他、視力の低下、内臓を圧迫
することによる身体の機能低下などを招く怖れがあります。

【足の血行不良】
足の血行が悪いと、足に脂肪や水分が溜ります。
この状態が長く続くと、セルライトを引き起こしたり、
下半身太りになったりします。

足が冷えて眠れないということも起き、慢性的な睡眠障害になる
人もいます。また全身の血行も悪くなるので、

便秘や生理痛、肌の老化、抜け毛、足の静脈がミミズのように
浮き出る下肢静脈瘤などが起りやすくなります。

【足の痛み】
足に痛みがあると歩いたり運動したりすることが辛くなるので、
慢性的な運動不足になります。

これは肥満や筋力の低下、骨が弱くなり、心肺機能の低下にも
つながったりします。

そして免疫力の低下、生活習慣病などの原因にもなったりします。
また足の不格好を気にして、足を隠すファッションしかしなくなる人も
います。

足のむくみ、足がだるいはアキレス腱の短縮が原因だった!

33c04ac949b9aa5269e813896564c0b1_s
足がむくんでいる、足が重い、足がだるいという方は、ひょっとしたらアキレス腱が
短縮しているのかもしれません。

米国の足病外科医の話では、「外反母趾や足底筋膜炎といった足に何らかの
トラブルを抱えている人は、アキレス腱が短縮していることがわかっています。
アキレス腱が短縮していると、むくみも生じやすい。米国では
医師がアキレス腱を伸ばすことを薦めることが多い」と言います。

足裏と脚をつなぐ「アキレス腱」。
このアキレス腱が美しい足と脚に重要な場所だということがわかってきました。

アキレス腱はふくらはぎの表層にある腓腹筋(ひふくきん)、奧にあるヒラメ筋を
かかとの骨につなぐ腱のこと。足裏と脚をつなぐカナメですが、正しい歩行動作には
アキレス腱の柔軟性が不可欠。

アキレス腱の短縮チェック
下の項目をチェックすることで、あなたのアキレス腱の短縮度がわかります。

ヒールがない靴を履くと疲れやすい
脚がむくみやすい
歩幅が小さい
かかとが痛くなりやすい
横から見て膝が反った状態になっている
かかとを床に付けてしゃがめない

足をどこまで手前に曲げられるか?
10度より小さければ、アキレス腱が短縮しているかもしれません。
(10度から15度なら合格)

足裏を足の甲側に向けて動かすことを背屈(はいくつ)と言います。
脚を伸ばして座り、かかとを壁に付けて背屈(はいくつ)させてみましょう。

米国では、背屈(はいくつ)の角度が10度以下なら、アキレス腱が短縮している
と考えます。

ちなみに膝を曲げて背屈(はいくつ)できる方は、腓腹筋(ひふくきん)だけが
硬くなっています。膝を曲げても背屈(はいくつ)できない方は、腓腹筋(ひふくきん)も
ヒラメ筋も硬くなっています。どちらの場合もアキレス腱を伸ばすことで解消されます。

足首が硬いとうまく足を返せず、正しい歩行ができないので、足に負担が
かかるような歩き方をしてしまいます。その結果、足のトラブルにつながります。
さらにふくらはぎの筋肉もしっかり使えないので、足がむくんだり、冷え足の原因に
なったりもします。

美脚や美足になるために1日6分でアキレス腱を伸ばす簡単な方法

6188bf3d54142c23ad093f4cfcd8ec6d_s

1.背筋を伸ばして立ち、壁に向かって両手をつきます。
2.左足のアキレス腱を伸ばす場合、右足を前に出し、右膝を軽く曲げます。
3.左のかかとは床に付け、左膝を伸ばして手で支えます。
4.上体を床と平行に前に移動させて左のアキレス腱を伸ばします。
5.その状態を1分キープします。
6.今度は反対側の足も同様に行います。これを1日3セット行います。

これをこまめに行うことで、
足のむくみがとれて足首から下がすっーと軽くなり寝つきが良くなったり
足首の動きが良くなるので、歩きやすくなります。

血流が良くなるので、足が軽くなるような体験をします。またいつもより
ぐっすり眠れることを実感すると思います。

美脚や下半身太りの解消、脚痩せに興味ある方は、こちらの記事もおすすめです。
>>この『むくみ解消法』圧倒的! 美脚の大敵にとにかく強い
>>【すぐに美脚を作る】! 簡単にできる下半身痩せ方法
>>30日でムキムキ太腿を美脚にする5つの方法!
>>【美脚&ヒップをキレイにシェイプするための6ヶ条】
>>自宅で簡単にできる下半身太りを解消する5つの方法
>>【脚痩せ】「一週間」でむくみを解消して美脚になる方法

症状別、あなたの足の悩み解決!

kiso1
【だる足】について
・「足がだるい」の原因は、疲れ又はうっ滞
「だる足」の原因は、大きく分けて2つあります。

一つは足の使いすぎです。
筋肉に溜った疲労物質が除去されないと、だるさという不快感
につながります。立ち仕事の多い人やスポーツをする人に多いケースです。

足裏がほてる感じがしたり、ふくらはぎや太ももの筋肉が
張った感じがします。

この場合は、運動によって筋肉が興奮している状態なので、
それを鎮めるクールダウンが必要です。

もう一つは、逆に足の使わなさすぎです。
デスクワークで長時間座ったままですと、足のポンプ作用が働かず、
血液や水分が停滞して、足がだるい感じがします。

足だけでなく、全身が重く感じられるのも特徴です。
全身の循環が低下して水分が溜りやすくなるためで、
「むくみ足」にもつながります。

この場合は、循環をよくするホットケアが必要です。
ただ、間違ったケアをしてしまうと、翌朝まで疲れが
残ってしまうことがあります。

《足の使いすぎの場合》と《足の使わなさすぎの場合》

ashiyu
・筋肉の張りや温度を手で触ってチェックする
特にだるいと感じるのは、どの部分でしょうか?

《足の使いすぎの場合》
・足裏
土踏まずが固くなっていませんか?

・ふくらはぎ
ふくらはぎの筋肉が張ったり、こわばったりしていませんか?

・太もも
前太もも、後ろ太ももがパンパンに張ったようになっていませんか?

《足の使わなさすぎの場合》
・足裏、足先
足裏や足の甲がぽってりと腫れぼったくありませんか?

・ふくらはぎ
ふくらはぎに弾力がなく、ブヨブヨしていませんか?

・太もも
太ももが冷んやりとなっていませんか?
膝上に肉がブヨブヨとたるんでいませんか?

まとめ

日本では外反母趾は整形外科、水虫は皮膚科と足に関しての病気は診療科が分かれていますが、
米国では足病外科医が足の全ての病気を診ます。

その米国足病外科学会公認の専門医が言います。
「外反母趾や足底筋膜炎といった足にトラブルがある人は、アキレス腱が短縮しているとわかっています。
アキレス腱が短縮していると、むくみも生じやすい。そのために米国ではアキレス腱伸ばしを薦めています」

誰でもカンタンに自宅でアキレス腱伸ばしができ、むくみを解消して美脚や美足になる方法をココでは
紹介しています。
出典 足の悩みは自分で治せる

\ SNSでシェアしよう! /

大人の女性の注目記事を受け取ろう

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人の女性の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

「大人の女性」編集部

「大人の女性」編集部

環境コンサルタント/医薬品マーケティングアナリスト
大学卒業後、環境分析の仕事に10年、その後製薬会社を対象に、医薬品のマーケティングに20年以上携わる。その経験から美容・健康にも取り組み、Webパルプマガジン「大人の女性」誌上で最新のアドバイスを提供。医薬品のマーケティングの専門家として幅広い知識を活かし独立し、女性が自分らしく心地良く輝くための最先端のエイジングケアである、遺伝子レベルで老化の仕組みをオフにする「遺伝子発現サイエンス」ケアを提案。2001年推理小説「死者は眠らない」(彩図社刊)、「死者の結婚式」(近刊)、「敏感肌改善、いつまでも【老けない肌】の7つの秘訣!」(近刊)を予定。

コメント

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この人が書いた記事

  • 31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

    花粉症対策の教科書-最新飛散予測と予防-

  • 5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

    あなたの脳のクセは何タイプ? タイプごとに違う失敗しないダイエット攻略法4選

  • kotuban0

    保湿力UPがカギ! 絶対失敗しない美顔器の選び方

  • f0505b1fd6df0df9001783de7ebd6687_s

    耳鳴り、めまい、難聴に悩む人の教科書(予防・治療実践編)

関連記事

  • 018da9edaca0bed42d78b850760ed6b4_s

    自律神経を整えることで、女性の悩みすべて解決!

  • 53c34e4bb18457ec96753d23468b7be2_s

    1日5分でできる冷え性からオサラバする7つの冷えとり方法

  • f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

    【白肌】【うるおい肌】をつくる君島十和子、5つの秘密

  • nekoze10

    1日10分で、【だる足】を解消する6つの方法

  • e769fed42f7d0bed52040e3b2beba157_s

    自宅で簡単にできる下半身太りを解消して美脚になる9つの方法

  • images

    【ダイエット】への挑戦!「全身の痩身」と「部分的な痩身」