1. TOP
  2. 突発性難聴、メニエール病、耳鳴りに悩む方は必読! かんたん自力療法

突発性難聴、メニエール病、耳鳴りに悩む方は必読! かんたん自力療法

6ecd5b422939c217e36d6ec352f822f0_s

「耳鳴り」がするという女性を時々見かけます。また突然、
「突発性難聴」に見舞われたという女性もいます。

ココでは、耳の病気にはどんなものがあるのかということと、自律神経を
整えるために有効な方法は何か、ということについて、

わかりやすくご紹介しています。

そもそも自律神経とは、身体の中の様々な働きをコントロールしている
神経です。交感神経と副交感神経の2種類があり、

緊張していると交感神経が優位になり、リラックス
していると副交感神経が優位になります。

これらのバランスによって、人は健康を維持しています。

自律神経が乱れると身体と心に不調をきたします。
それが人によっては耳に出てくることがあります。

これが耳鳴りやめまい、難聴というわけです。

メニエール病の人の自律神経は興奮しやすい?

e9589edcac97a392e64c47a1d68ea113_s

メニエール病というのは、耳鳴りやめまい、難聴の他に、吐き気やおう吐、
発汗を伴う疾患です。

原因としては内耳のリンパ液が急増することだと言われていますが、
詳しい原因がわかっているわけではありません。

特徴としては、①女性患者がやや多いということと②発症するのは、片側の
ケースがほとんどだということです。

やはり過度のストレスがあり、自律神経のバランスが崩れやすくなっています。
現在、メニエール病対策は、最初の2年が勝負だと言われています。

その間に、ストレスをどのようにコントロールするかが、
最も重要なポイントです。では、2年間、放っておくとどうなるか?

難治性になり、徐々に聴力が低下します。

脳をリラックスさせるアルファ波という言葉を聞いたことがあると
思いますが、メニエール病の人は、このアルファ波よりも興奮したり、
心配したりするときに出るベータ波のほうが出過ぎているという結果があります。

さらには自律神経も非常に興奮しています。メニエール病にかかる人というのは、
もともとリラックスするのが苦手だったり、運動が好きでない人が多いのですが、

まずストレスコントロールの重要性を認識してもらい、生活習慣の改善や
できれば有酸素運動にも励んでもらうことが大切です。

突発性難聴の特徴とは!

ed49d99a280e8d1d1f78362438f30af3_s

突発性難聴というのは、前の日まで、耳に何の不調もなかったのに、
ある朝起きたら、突然片方の耳が聞こえなくなっていたというものです。

この原因ですが、実際のところよくわかっていません。

ただ言えることは、家族関係や仕事関係などが引き金となり、
ストレス過多から自律神経に障害が発生し、そのことによって
血行を悪くし、突発的な難聴が起るのです。

そういう意味からも、日頃からのストレスコントロール、つまり
ストレスとの上手な付き合い方が大切です。

いずれにせよ、突発性難聴は発症したら、すぐに治療を開始すべきです。

というのも発症後1週間以内なら聴力は回復することがありますが、
2週間以上経ってしまうと、聴力が戻らない可能性のほうが
高くなってしまうからです。

低音部型難聴とは? 突発性難聴と何が違う?

f0505b1fd6df0df9001783de7ebd6687_s

近年、低音部型の難聴を訴える女性が急増しています。その原因は
いろいろ考えられていますが、やはり過度のストレスが原因かと思われます。

この低音部型難聴ですが、発症後、何も治療をしなかったり、しっかりとした
対応を取らずにいると、発症者全体の8割が再発します。

治ったかのように見えても、強いストレスにさらされたとき、心身が過剰に
適応し、過剰に緊張することで、過剰反応が現れます。

この段階でストレスコントロールをしないでいると、再発した8割の
人のうち、2割がメニエール病に移行します。

メニエール病に移行しないためにも、できるだけ早期の対策が必要です。
後述する「自律神経を整えるために有効な3つの方法」を取り入れて、
ストレスコントロールすることが必要です。

無難聴症耳鳴りも、脳の興奮が原因だった!

79e15832e53f10bba10b00e2fe2f2f86_s

一般的に、耳鳴りの人の9割以上には難聴があります。難聴があると、
脳のほうでその聞こえない音を補おうとするので、余計な音まで聞こえてしまうからです。

本来は、それが耳鳴りなわけですが、無難聴症耳鳴りには難聴がありません。
にもかかわらず、耳鳴りがしてしまうのです。何故かと言いますと、

自律神経の機能が落ちている
・高度の不安障害を抱えている
・睡眠障害がある

この3つが共通にあるからです。その結果、難聴がないにもかかわらず、
耳鳴りがしてきます。女性に多い傾向がありますが、脳が疲れている。
ベータ波が多く出ている。

つまり脳の興奮が原因だということです。

心因性難聴は、心のSOS

難聴の一つに、精神的なものが原因の心因性難聴があります。
これは例えば会社に通って仕事を行っていた場合、ある日、

人事異動とか突然それまでの環境が変わり、「職場に行きたくない」
「職場に行こうとすると恐怖を感じる」といった過剰な
不安から心因性のめまいや難聴が起こるのです。

これも過度なストレスにより、めまいと難聴の状態に陥るわけです。

騒音性難聴とは?

27113214d00fb2174e21736c6252ab6c_s

音楽関係者や、空港での航空機誘導員など騒音にさらされる人達がよくかかるのが
騒音性難聴です。大きな音を5年や10年と聞き続けると、多かれ少なかれ、
騒音性難聴の症状が現れることがあります。

騒音性難聴は、聞こえなくなる音域が4000ヘルツと決まっています。
この音は、音楽で言うと、ドレミファソラシドのドの音です。

自然界ではスズムシが「リーン、リーン」と鳴く音も、4000ヘルツ。
少し高めのその辺りの音がまず聞こえづらくなり、次に聞こえなくなり、
さらには周辺の音域にも難聴が広がっていきます。

この騒音性難聴ですが、やはり重症化するタイプは、あまり真面目すぎる性格の人で、
仕事の場合でも他人の失敗だけでなく自分のミスも許せないタイプです。

仕事にも暮らしにも「遊び」というか余裕がなく、いつも張り詰めている。
そのため、何かの拍子に壁にぶつかったとき、心が折れてしまい、
耳鳴りや難聴を発症してしまうのです。

こうした真面目すぎる人ほど、耳鳴りやめまいなどに陥りやすく、
また重症化しやすいという傾向があるのです。

「乗り物酔い」しやすい人は、自律神経が不安定

c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s

「乗り物酔い」というのは、めまいの一種と考えることができます。
「乗り物酔い」しやすい人は、自律神経が不安定な人が多いです。

乗り物酔い対策に、車や電車内では、なるべく遠くのものを見る事が
よいと言いますが、本当にものすごく遠くのものでないと意味がありません。

実際問題、自律神経を安定させれば乗り物酔いは起りにくくなります。
逆に自律神経を興奮させるようなことをするため、乗り物酔いするわけです。

どのような場合でもそうですが、よく眠り、緊張をほぐし、消化の良いものを食べ、
適度に運動するなどして、ストレスを発散できれば、自律神経の不安は回復に向かい、
乗り物酔いも減ります。

自律神経を整えるために有効な3つの方法とは!

後述します「有酸素運動」「瞑想」「腹式呼吸」の3つです。自律神経を
整えるには、ストレスコントロールが欠かせません。

運動が好きな人ほど、メニエール病になりにくい理由

d48985e9433572f810806e7bea6c01df_s

詳細は後述しますが、結論から言って、運動をすることで
自律神経の偏りがリセットされるからです。

「自律神経の偏りがリセットされる」とは、どういう意味でしょうか?

夜勤やハードワーク、徹夜といった不規則な生活をすると、自律神経の動きが
固まってきてしまいます。現代生活では、交感神経が優位になりすぎる状態で

固まりがちです。すると、リラックスや休息が必要なときも、心身が
緊張したままとなり、不調の原因となります。

その悪い偏りを手っ取り早く解消してくれるのが運動です。

ラクに行える「瞑想」で自律神経を整える

詳細は後述しますが、瞑想をすると自律神経のバランスが整い、脳の
疲れも取れます。心身の健康を保つためには、できれば「有酸素運動」と
「瞑想」の両方行うのが理想です。

ヨガの腹式呼吸でストレスをコントロールできる方法

5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

詳細は後述しますが、もう少しがんばって運動をやってみようという人には、
ヨガがいいです。

理由は、有酸素運動にもなるだけでなく、心身をリセットし、
自律神経を安定させるのにとてもよいです。

また交感神経を自在に興奮させることができ、そのあと副交感神経を安定化
できるから、よいのです。

ヨガというと、身体が柔らかくないとできないと思い込んでいる人が
多いと思いますが、実はまったく関係ありません。

正座ができなかったり、あぐらも辛いという人でも問題ありません。

耳鳴り、めまい、難聴を避ける3つの食事方法と生活スタイルとは!

自律神経を整えるために有効な3つの方法とは、「有酸素運動」「瞑想」
「腹式呼吸」ですが、他にも日常生活の工夫、食事の注意などがあります。

「瞑想」や「腹式呼吸」なども含めて、もう少し詳しく
耳鳴り、めまい、難聴への具体的対策として、ご紹介しています。

↓↓↓
耳鳴り、めまい、難聴に悩む人の教科書(予防・治療実践編)

出典 自律神経をよくすれば、耳鳴り、めまい、難聴も良くなる

この記事のまとめ

耳の病気にはどんなものがあるのかということと、自律神経を
整えるために有効な方法は何か、ということについて、

わかりやすくご紹介しています。

\ SNSでシェアしよう! /

大人の女性の注目記事を受け取ろう

6ecd5b422939c217e36d6ec352f822f0_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人の女性の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

「大人の女性」編集部

「大人の女性」編集部

環境コンサルタント/医薬品マーケティングアナリスト
大学卒業後、環境分析の仕事に10年、その後製薬会社を対象に、医薬品のマーケティングに20年以上携わる。その経験から美容・健康にも取り組み、Webパルプマガジン「大人の女性」誌上で最新のアドバイスを提供。医薬品のマーケティングの専門家として幅広い知識を活かし独立し、女性が自分らしく心地良く輝くための最先端のエイジングケアである、遺伝子レベルで老化の仕組みをオフにする「遺伝子発現サイエンス」ケアを提案。2001年推理小説「死者は眠らない」(彩図社刊)、「死者の結婚式」(近刊)、「敏感肌改善、いつまでも【老けない肌】の7つの秘訣!」(近刊)を予定。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この人が書いた記事

  • 31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

    花粉症対策の教科書-最新飛散予測と予防-

  • 5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

    あなたの脳のクセは何タイプ? タイプごとに違う失敗しないダイエット攻略法4選

  • kotuban0

    保湿力UPがカギ! 絶対失敗しない美顔器の選び方

  • f0505b1fd6df0df9001783de7ebd6687_s

    耳鳴り、めまい、難聴に悩む人の教科書(予防・治療実践編)

関連記事

  • ashiura

    1日10分で、【むくみ足】を解消し「ブス足」にならない6つの方法

  • images

    【ダイエット】への挑戦!「全身の痩身」と「部分的な痩身」

  • miranda

    ミランダ・カー愛用、ココナッツオイルバイブル10選!

  • katakori

    誰も教えてくれない悩み解決!(ボディ、尿漏れ、臓器脱)

  • lindseyx-600x381

    【顔痩せ】迅速かつ確実に「小顔」を手に入れる方法とは!

  • dd32daba75352a7f8569afdeee15fd84_s

    足指曲がる【変形足】を1日10分で、解消する9つの方法