1. TOP
  2. たった3時間でメイクの達人になり、オトコにモテる方法

たった3時間でメイクの達人になり、オトコにモテる方法

2015/06/20 メイク
この記事は約 3 分で読めます。
553842b44bef2f8fc2edc31e9bfc57ee_s

今日はメイクについてお話します。

最初にやるのはスキンケアですが、
まずは手短に保湿をします。

それからリキッドファンデーションをいくつか
使ってお肌の色を整え、キメをキレイに見せます。

そのあと目の下や鼻の周り、
ほうれい線の付近にコンシーラーをなじませて
いきます。

そのあとに、パウダーファンデーションで
顔全体を押さえて、お肌のメイクは完成です。

メイクの基本的な手順で、モテ顔になる!

洗顔・保湿

お肌のメイク

目や眉のメイク

唇のメイク

チークで血色をつくる、ハイライトなどで彫を演出

大抵の女性はこの順番でメイクをしています。

洗顔・保湿などのスキンケアでバッチリ顔を整えます

63c0432e1ffec0873715b5ec69f80f86_s

まず、朝の洗顔を終えた後、保湿をします。
私は、コエンザイムQ10配合の化粧水を使っていますが、

しっかり肌を整えます。
そして美容液などで補ってあげて、お肌の調子を整えます。

夏場ですと、紫外線対策も必要かもしれません。

それから、お肌のメイクに入ります。

お肌のメイクの仕方で、180度、表情が変わる!

fa0a680fb6baa75578d724951d05f928_s

まずはじめに、ファンデーションがキレイにのるように、
それから長持ちするように、化粧下地を使って
お化粧をするための下地作りをします。

化粧下地には、お肌のくすみや色を整えたり、
毛穴を目立たなくしたり、皮脂を抑えたりするものなど、
さまざまな目的のものがありますので、自分のお肌の状態に合わせて使います。

それから、リキッドファンデーションでお肌全体のトーンを整えます。

肌色の乳液状のものをお肌に伸ばします。

そのあと、シミやクマなどをコンシーラーで隠します。

スティック状のコンシーラーの他、
クリーム状のものをちいさなハケの先につけて使うものなど、
さまざまなものがあります。

それから、パウダーファンデーションで仕上げます。

目や眉のメイクひとつで、雰囲気ががらっと変わる!

97fcdb97c11e0b34eda6b20c994dd949_s

こうしてお肌のメイクを済ませてから、目や眉のメイクに入ります。
この辺りから人によって順序は違うと思います。

私は目のメイクから入りますが、
人によっては眉が先の人もいますし、
チークなどを先にする人もいるようです。

ですが、目のメイクを済ませてから、
その雰囲気に合わせて眉を仕上げ、唇のメイクを済ませてから
最終的にチークなどで顔の血色や雰囲気を仕上げるほうが上手にメイクができます。

目のメイクに使うもの

5176e849cf491129d353dbd5d2252019_s

目のメイクに使うのは、

・アイシャドウ
・アイライン
・マスカラ(マスカラ下地も含む)
・アイラッシュ(つけまつ毛)

眉のメイクに使うもの

top

そして、眉のメイクに使われるのは

・アイブロウペンシル
・アイブロウパウダー
・アイブロウマスカラ

です。

次回は、それぞれについて詳しくお話します。

\ SNSでシェアしよう! /

大人の女性の注目記事を受け取ろう

553842b44bef2f8fc2edc31e9bfc57ee_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人の女性の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

「大人の女性」編集部

「大人の女性」編集部

環境コンサルタント/医薬品マーケティングアナリスト
大学卒業後、環境分析の仕事に10年、その後製薬会社を対象に、医薬品のマーケティングに20年以上携わる。その経験から美容・健康にも取り組み、Webパルプマガジン「大人の女性」誌上で最新のアドバイスを提供。医薬品のマーケティングの専門家として幅広い知識を活かし独立し、女性が自分らしく心地良く輝くための最先端のエイジングケアである、遺伝子レベルで老化の仕組みをオフにする「遺伝子発現サイエンス」ケアを提案。2001年推理小説「死者は眠らない」(彩図社刊)、「死者の結婚式」(近刊)、「敏感肌改善、いつまでも【老けない肌】の7つの秘訣!」(近刊)を予定。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この人が書いた記事

  • 31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

    花粉症対策の教科書-最新飛散予測と予防-

  • 5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

    あなたの脳のクセは何タイプ? タイプごとに違う失敗しないダイエット攻略法4選

  • kotuban0

    保湿力UPがカギ! 絶対失敗しない美顔器の選び方

  • f0505b1fd6df0df9001783de7ebd6687_s

    耳鳴り、めまい、難聴に悩む人の教科書(予防・治療実践編)

関連記事

  • top

    今すぐやめよ!【まぶたのたるみ】の意外な悪影響

  • b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

    【チークメイク術】なりたい顔に一瞬で近づく5つの方法!

  • dd525f0d87f6f31e248a56a2ac831c42_s

    【アイラッシュ】でキメル! 彼氏もついうっとりアイテム!

  • top

    【老け顔、”たるみ”】メイクの間違った3つの思い込み!

  • top

    【美肌のコツ】オーガニックだから安心…のウソ!

  • 9a98d4d60782e1fb07ef3eea85037d54_s

    【二重まぶた】の作り方! 偽造でも美しいと言われたい