1. TOP
  2. 【しっとり肌】、やってはいけない5つの約束事とは!

【しっとり肌】、やってはいけない5つの約束事とは!

2015/06/05 スキンケア メイク
この記事は約 5 分で読めます。
59f2413d0b33b970a234fb1312362cb6_s

キレイになるための条件があることを知っていますか?

5つの約束とは!
1.一番重要なのは、洗顔です。
そのために、洗顔料の選び方が大事です。

 

洗顔には石鹸、メイク落としには、コールドクリームなど、
洗い流せない油が主体の製品選びが大事です。

2.合成界面活性剤の量や種類が多い化粧品は避けるのが懸命です。
機能をいろいろうたう化粧品には、要注意です。「もちもち」「ぷるぷる」
「美白」など、安易な宣伝文句に乗るのは避けたほうがいいです。

3.オーガニック、植物由来をうたった化粧品は、中身を確認すること。
合成界面活性剤が入っているにもかかわらず、オーガニック、植物由来と
うたうことも多いため、確認が必要です。

4.クリームは肌の環境を考えた製品を選ぶことが大切です。
油が多くてべたべたしているか? 皮脂の組成や常在菌のことを考えた配合か?

5.バリア機能を守りながら、ほどよい刺激がいい。
石鹸、蒸しタオル、マッサージ、酸性化粧水、剥離性パックなど、
ほどよい刺激がよい。

キレイになるための条件とは、いたってシンプルです。

私たちの生命を守っている肌の仕組み

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s

肌は人の身体の一部にすぎませんが、生命を守る大切な
働きをしている。装う前に美容の基本を知ることです。

今は化粧品の多様化の時代です。ナチュラルコスメのような
自然派化粧品、オーガニックコスメ、無添加化粧品。

いろいろな種類の化粧品が発売され、情報は氾濫し、
私もそうですが、何を選べばいいか、わからない時代です。

化粧品メーカーの様々なPR。成分について
きちんと検証されているかどうかもわからないような
製品も少なくありません。

合成ポリマー、合成界面活性剤の誕生によって、
肌のトラブルも増えています。
出典 ウソをつく化粧品

肌の老化の原因は、「合成界面活性剤」か?

d9202ce1cb532cb21dd0260de8db64ca_s

強い「合成界面活性剤」は、かぶれやシミを作る原因にもなります。
「合成界面活性剤」の強い洗浄力によって、肌の油分を流出させ、

肌の表面を覆う表皮の重要なバリア機能も破壊してしまいます。

そうして様々な成分や薬剤を皮膚の内部に入れることが
できてしまうことに問題があるのです。

化粧品に含まれる香料、タール色素を肌の内部に浸透させることによって、
内側の生きた細胞がダメージを受けます。

だから生きた細胞を守る生体反応としてメラニンが作られ、
シミになるわけです。

このような肌というのは、皮膚の油分も内側の水分も失われ、
急速に乾燥肌になっていきます。

つまり「合成界面活性剤」は、シミやシワの原因となり、
肌の老化を早めるのです。
出典 ウソをつく化粧品

「石油系の界面活性剤だから悪い」は間違い

921e290ca94a1fa31da2da36c4e08f74_s

あなたは、「界面活性剤」のなかで、どんなものが安全だと思いますか?

①「合成界面活性剤」
②石油系「界面活性剤」
③植物系「界面活性剤」
④オーガニック系「界面活性剤」

一見すると③と④が安全そうにみえますが、肌に対する
「界面活性剤」の危険度は、種類や濃度によって異なります。

では、何を基準に判断すればいいのでしょうか?
それは、

自然のものであれ、合成のものであれ、
洗浄力や乳化力を保ったまま、皮膚に長く残って、皮脂を
水に流出させやすくするもの。

皮脂や角質層のバリア機能を失わせる、
洗浄力の強い「合成界面活性剤」が、これにあたります。

肌のバリア機能を壊す危険な「界面活性剤」とは、

①作用が強いもの(界面活性度の作用が強いもの)
②濃度が濃いもの(大量に配合されており、濃度が濃いもの)
③配合数が多いもの(複数の数の「界面活性剤」が配合されているもの)

最も大事な事は、合成かどうか、オーガニック系かどうか、
植物系かどうか、ではなく、上の①②③に目を向けることです。
出典 ウソをつく化粧品

昔からある石鹸は、何故安全なのか?

fffccc47217fe5fe261c5bb3ef933fcd_s

ズバリ、石鹸はバリア機能を壊す力が弱いためです。
「皮膚の汚れを落とす」という役割を終えると、石鹸の成分は、

すばやく洗浄力のない物質に変化します。

肌は弱酸性で、石鹸は弱アルカリ性という性質がありますが、
洗顔後、石鹸の成分は、皮膚の酸によって中和され、

洗浄力を失って無力化します。
つまり肌のバリア機能が破壊される心配はなく、皮脂を流失
させにくいのです。

しかも肌に残った石鹸カスは、常在菌のエサになります。

石鹸の洗顔でさえも肌に痛みを感じるというのは、相当肌が
弱っている証拠です。

皮脂の分泌は加齢とともに低下しますし、敏感肌や乾燥肌など
肌の弱い方や高齢の方は注意が必要です。

蒸しタオルで顔の血行をよくしてから、石鹸で洗顔するのが
オススメです。

石鹸で洗えない方は、焦らずに徐々に石鹸が使える肌を
目指して欲しいと思います。
出典 ウソをつく化粧品

皮膚バリアを守る界面活性剤の使い方

ba665c7feeae387d5ba8a3438e5d9802_s

ここで大事な事は、どの程度の界面活性作用のものを、
どのくらい使うのかが皮膚のバリアを守れるかどうかのカギになるということです。

「合成界面活性剤」が全て悪いわけではありません。
皮膚の状況によっては、ポリマーを少し入れたほうがいい場合もあります。

ただ繰り返しますが、大事な事は、ポリマーの配合量が多くなると、
常在菌や皮膚の環境に悪くなりますし、サリチル酸の配合量が増えれば
毒性も強くなります。

皮脂を再現するのに、最低限必要な作用のものを最低限の量にとどめた
処方が大事だということです。

必要以上に強い界面活性作用を持つものや、逆に「合成界面活性剤」
が悪いからと言って、配合しないというのも皮膚のことを考えた
化粧品にはならないのです。
出典 ウソをつく化粧品

\ SNSでシェアしよう! /

大人の女性の注目記事を受け取ろう

59f2413d0b33b970a234fb1312362cb6_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人の女性の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

「大人の女性」編集部

「大人の女性」編集部

環境コンサルタント/医薬品マーケティングアナリスト
大学卒業後、環境分析の仕事に10年、その後製薬会社を対象に、医薬品のマーケティングに20年以上携わる。その経験から美容・健康にも取り組み、Webパルプマガジン「大人の女性」誌上で最新のアドバイスを提供。医薬品のマーケティングの専門家として幅広い知識を活かし独立し、女性が自分らしく心地良く輝くための最先端のエイジングケアである、遺伝子レベルで老化の仕組みをオフにする「遺伝子発現サイエンス」ケアを提案。2001年推理小説「死者は眠らない」(彩図社刊)、「死者の結婚式」(近刊)、「敏感肌改善、いつまでも【老けない肌】の7つの秘訣!」(近刊)を予定。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この人が書いた記事

  • 31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

    花粉症対策の教科書-最新飛散予測と予防-

  • 5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

    あなたの脳のクセは何タイプ? タイプごとに違う失敗しないダイエット攻略法4選

  • kotuban0

    保湿力UPがカギ! 絶対失敗しない美顔器の選び方

  • f0505b1fd6df0df9001783de7ebd6687_s

    耳鳴り、めまい、難聴に悩む人の教科書(予防・治療実践編)

関連記事

  • 9a98d4d60782e1fb07ef3eea85037d54_s

    【二重まぶた】の作り方! 偽造でも美しいと言われたい

  • E1407310781106_1

    人に聞けない、誰も教えてくれない悩み解決!(ダイエット編)

  • topkao

    オーガニック化粧品-わずか5分でわかる美肌の裏側!

  • 730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

    【特集第一弾】1日5分で効く、6つの「たるみ」を解消する方法!

  • b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

    意外と知らない! 女性が気をつけたい角質ケアとは?

  • 87575

    シミ消し専科 全体シミ消し成功マニュアル!