1. TOP
  2. 【白肌】【うるおい肌】をつくる君島十和子、5つの秘密

【白肌】【うるおい肌】をつくる君島十和子、5つの秘密

2015/06/06 スキンケア メイク 健康・食事
この記事は約 5 分で読めます。
f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

美白肌になる! 奇跡の48歳、
君島十和子さんの場合。

私も経験がありますが、40代になると、
誰もが切実になる悩みとして、
顔のシミやくすみが挙げられます。

でも君島十和子さんの場合は、昔からそんな悩みとは
無縁のような気がしました。

君島十和子さんの「白肌をつくる食べるコスメ、守る
スキンケア」をご紹介します。

白肌をつくるコツ「お手入れ4割、食事6割」

b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

君島さんは言います。
「40代からの肌ケアは、外からのケアだけでなく、身体の内側のケアが
より大切になる」と言います。

さらに、
「紫外線の約8割は、肌の奧にまで届いて、肌のたるみの原因となるA波。
肌の内部まで守ることを意識して、日焼け止めや日傘などで徹底して
紫外線を防ぎます」と言います。

そして、
「抗酸化成分をたっぷり取る食事で、肌を内側から守ることも
意識している」と言います。

実際、シミがなければ、化粧は薄くて済みますから、クレンジングや
洗顔も早くできて、肌への刺激も少なくて住みます。

これはあなたも経験されていることではないでしょうか?
出典 日経ヘルス

肌の健康のための食事の習慣とは?

syokuzai2

君島さんが心がけている食事のルールというものがあります。
それは、
①朝は「白肌ジュース」ときなこヨーグルト
②タンパク質はしっかり、できるだけ魚や卵で取ること
③間食は、ナッツ

若い頃は、スキンケアをしていれば、食事にはあまり気を遣わなかった
あなただったかもしれません。

しかし、40歳を過ぎると、身体の内部からのケアを
考えないと、肌の健康は保てなくなってきます。

それに気づいた君島さんは、
「肌に良いものを意識して食べるようにしています」と言います。

ポイントは、
肌の材料になる良質の「タンパク質」と、
「抗酸化成分」をたっぷり取ること。

君島さんは、
「タンパク質は肉に偏りがちなので、なるべく意識して
魚を食べるようにしていること。そして、これから紫外線を浴びる
朝は、抗酸化成分が豊富なフレッシュジュースを毎日飲むこと」

と言います。
出典 日経ヘルス

抗酸化成分&タンパク質たっぷりレシピ

6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s

抗酸化成分
君島十和子さんが、毎朝飲んでいる「白肌ジュース」のレシピは、これ!

ニンジン2本
レモン1/2個
リンゴ1/2個
ショウガ1かけ

ニンジン、レモンは洗って皮をむきます。全ての材料を
適当な大きさに切って、投入口が大きく、丸ごと、皮ごと
搾れるジューサーに入れます。

君島さんは、
「毎朝飲むようになってから、風邪を引きにくく、
不調の波も小さくなった」

と言います。

タンパク質
カジキマグロのソテー

カジキマグロ4切れ
ニンニク1かけ
トマト1個
ピーマン1個
タマネギ1個
オリーブオイル
バルサミコ酢
塩・こしょう

魚のタンパク質とトマト・バルサミコ酢の抗酸化パワーで
老化もストップさせます。
出典 日経ヘルス

朝こそ真剣に保湿ー君島十和子の場合

56350369071d53259c431377ee87f8ac_s

君島さんは、肌を紫外線から守るために、
「朝のスキンケアを大切にしている」
と言います。

私も行ってますが、君島さんの行っているケア方法も同じです。

洗顔後、化粧水で肌を整えながら、水分を与え、そして美容液を付け、
クリームでふたをします。
そして外出する時までに、日焼け止めを塗ります。

まとまった時間が取れなくても、保湿とこすらないスキンケアを
徹底して毎日行えば、肌は確実に変わると言います。

「ケアを1日怠ると、その前の3日分のお手入れが
ムダになってしまいます」
と言います。

私も、そういう経験がありますので、ケアは毎日が基本です。
出典 日経ヘルス

君島十和子式クレンジング&洗顔術

 

kaorilarge12

40代以降のシミやくすみを予防するのに大切なことは、「保湿」です。

さらに「こすらない」ことです。
肌を刺激から守りながらケアするケアするのが極意です。

肌を動かさないのが鉄則です。
指先を使うと力が入りやすく、肌への負担が増えることがあります。

また洗顔でも泡タイプのものを使うと、早くなじむので、
手早くできて肌の乾燥も予防できます。

君島さんがやっているクレンジングの方法ですが、

①クレンジング剤を手のひらに伸ばしたら、顔全体にやさしくなじませます。
手のひらでなじませるのがポイントです。
その時に、肌を引っ張ったり、こすったりしないことです。

②洗顔料をしっかり泡立たせ、泡を皮脂部分が多い小鼻の部分からのせ、
Tゾーン全体、頬へと広げていきます。

③泡を手のひらで転がすように広げていきます。
肌に手は触れないように注意して、頬、鼻、額、顎と、ころころと
転がすようにします。

④ぬるま湯を手にためて、泡を落とします。
ぬるま湯は、肌にかけるようにして、ゴシゴシこすらないことが大切です。
ぬるま湯で何回も泡を落とすような感じで、流します。

泡立ちネットを使って泡を立たせることは、なかなか時間もありませんので、
はじめから泡立つ洗顔料を使うと、手間がかからず、早くクレンジングができます。

ここで注意したいことは、

「顔の上で泡立てる方もいますが、こすれるだけでなく、
皮脂が落ちすぎてしまい、肌の乾燥を招くこともありますので、
顔にのせる前にしっかり泡立てましょう」

と君島さんは言います。
出典 日経ヘルス

\ SNSでシェアしよう! /

大人の女性の注目記事を受け取ろう

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人の女性の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

「大人の女性」編集部

「大人の女性」編集部

環境コンサルタント/医薬品マーケティングアナリスト
大学卒業後、環境分析の仕事に10年、その後製薬会社を対象に、医薬品のマーケティングに20年以上携わる。その経験から美容・健康にも取り組み、Webパルプマガジン「大人の女性」誌上で最新のアドバイスを提供。医薬品のマーケティングの専門家として幅広い知識を活かし独立し、女性が自分らしく心地良く輝くための最先端のエイジングケアである、遺伝子レベルで老化の仕組みをオフにする「遺伝子発現サイエンス」ケアを提案。2001年推理小説「死者は眠らない」(彩図社刊)、「死者の結婚式」(近刊)、「敏感肌改善、いつまでも【老けない肌】の7つの秘訣!」(近刊)を予定。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この人が書いた記事

  • 31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

    花粉症対策の教科書-最新飛散予測と予防-

  • 5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

    あなたの脳のクセは何タイプ? タイプごとに違う失敗しないダイエット攻略法4選

  • kotuban0

    保湿力UPがカギ! 絶対失敗しない美顔器の選び方

  • f0505b1fd6df0df9001783de7ebd6687_s

    耳鳴り、めまい、難聴に悩む人の教科書(予防・治療実践編)

関連記事

  • top2

    今すぐやめなさい!猫背の知られざる10の真相

  • topkao

    多くの人が間違っている冷え性対策15の方法

  • a1eb690d48c51e9aa23cc38be038dc08_s

    人に聞けない、誰も教えてくれない悩み解決!(フェイス編)

  • images

    【ダイエット】への挑戦!「全身の痩身」と「部分的な痩身」

  • b384b1691abdcb084948492a39b66420_s

    自律神経の乱れによる不調を解決してハッピーな毎日に!

  • 87575

    シミ消し専科 全体シミ消し成功マニュアル!